ハーブ100%、ヘナで白髪を染めるポイント!

ヘナはハーブ100%。植物で白髪を染めることができるのが人気のポイントですね。 でも、ヘナは色が入りにくいという声もあります。実際に使ってみて分かったヘナで上手に染めるポイント3つ紹介します。
MENU

ハーブ100%、ヘナで白髪を染めるポイント!

ヘナはオレンジ系の色に染めることのできる植物性染料です。白髪を黒く染めたいときはインディゴ染料とブレンドされている商品を選んでくださいね。
ヘナで上手に色を入れるポイントは3つです。
1つ目は、ヘナをややゆるめに溶いて髪全体にしっかりべったり塗ることです。ペースト状のヘナを髪全体たっぷり塗ると染まりやすいです。ヘナでヘルメットをしているみたいな見た目になります。ゆるめと言っても、タラタラ垂れてこないくらいに調節してください。
2つ目は、ヘナで染めている間は頭を保温することです。ヘナを塗った上にシャワーキャップをかぶる、ラップを巻くなどして密閉・保温してください。さらにその上にタオルやマフラーなどを巻きます(汚れてもいいものを使ってくださいね)。ドライヤーで温めてもよいと思います。
3つ目は1時間以上おくことです。白髪にしっかり色を入れるには時間がかかります。この間、寒くないように暖かくしてすごしてくださいね。
ハーブで染めるヘナは安全・環境の面から人気が高いですが、カラートリートメントなどに比べると染めるのにコツがいると感じます。以上の3つは実際に使う中で効果を感じた染め方のポイントなので、試してくださいね。

このページの先頭へ